土木・造園 専門学校(土木・造園科)

テクノロジーで社会を豊かにする。



八王子 2年制 ※八王子校のみ設置 土木・造園のプロフェッショナルをめざす 土木・造園科 国土交通省資格認定 厚生労働省資格認定

オープンキャンパス・体験入学

地質調査を体験する。

2019年12月02日 地質調査を体験する。

 師走を迎え、寒さも厳しくなってきました。皆様、風邪など引かないようお気を付け下さい。
先日、二年生を対象に「地質調査」の実習を行いました。実習場所は八王子キャンパス内です。多摩丘陵(西は高尾から鎌倉北部まで)に位置している本校をモデルとして各種の地質調査を行い、その地下内部の構成(土層)や各土層の強度を調べるのが目的です。
 土木工学を学ぶ中で土を知ることは大変重要な意味を持っています。街で見かける大きな建設物も自分たちが住んでいる家も総て地質調査を行ってから作られているんです。今回、「神奈川地質蝓徑佑里感力を頂き地質調査の実習が実現いたしました。
 それでは「ボーリング調査」から紹介したいと思います。下の写真のように櫓(ヤグラ)を組み機械の力で地下内部へ掘り下げて行くのです。(今回は地下10mまで)途中土層の変化を確認して、サンプリングし、標準貫入試験により強度を測定します。その強度は「N値」で表し N値30>N値10 数値の大きさが土の強さと比例します。※質量63.5キロのドライブハンマーを76僂旅發気ら落として30cm貫入させる試験です。この試験は人力では無理なので機械を用いて行います。
   ボーリング試験      採取した土の確認
DSC_0285DSC_0294




  また、簡易的な試験方法も幾つかあり、学生達はそちらで体験をいたしました。一つは簡易動的コーン貫入試験、これはウェイトが5kgになるので人力で試験できます。これは10儡啼するまでの打撃回数(Nd値)を求める。DSC_0290DSC_0292 (1)スウェーデン式サンプリング試験 この試験の特徴は打撃ではなくウェイトを最大100kgまでのせ回転により貫入させる試験です。名前の通り外国発祥の試験で住宅の基礎地盤の判定に用いられてます。これらの試験はウェイトにしても10kgを超えますので足などに落としたら怪我します。参加した学生はヘルメット、安全靴、手袋等の保護具を着用して実習に臨みました。

 今、現在学生達は試験で得られたデーターの整理に勤しんでます。それぞれの試験結果をまとめてどんな成果を出してくるのか楽しみです。多摩丘陵(八王子市片倉)の大地は彼らにどんな事を伝え、何を教えてくれるのでしょう。 
最後にこの特別授業を開講するにあたりご尽力いただきました神奈川地質衢佑妨耄蕕鮨修珪紊欧泙后ありがとうございました。 
                              
                    土木・造園科 山内

















































































n-55636467 at 14:29 | この記事のURL | |