土木・造園 専門学校(土木・造園科)

テクノロジーで社会を豊かにする。



八王子 2年制 ※八王子校のみ設置 土木・造園のプロフェッショナルをめざす 土木・造園科 国土交通省資格認定 厚生労働省資格認定

オープンキャンパス・体験入学

レンギョウ/樹木を覚えよう(60/全60)

2013年01月24日 レンギョウ/樹木を覚えよう(60/全60)

こんちわ(*・ω・)ノ
木曜担当の“つッチ”です

国土強靭化計画、大規模公共事業投資いよいよ、土木・造園の時代なのだ

さて、3級造園技能士を目指して、本日は「レンギョウ」
についてマナビマス。
レンギョウ
レンギョウ(連翹、学名: Forsythia suspensa (Thunb.) Vahl[1])は、モクセイ科レンギョウ属の落葉性低木広葉樹。別名、レンギョウウツギ(連翹空木)。古名は、いたちはぜ、いたちぐさ。中国名は黄寿丹。英名はゴールデンベル (golden bells, golden bell flower)

日本の公園や庭木などで「レンギョウ」として一般的に植栽されているのは、レンギョウ、シナレンギョウ、チョウセンレンギョウである。耐寒性耐暑性に優れているため、日本全国に分布している。大気汚染や病虫害にも強く、どんな土壌でもよく育つことから、庭木、公園、垣根に用いられることが多い。

写真・解説はフリー百科事典『ウィキペディア』から引用させていただきました。

n-55636467 at 9:0 | トラックバック(0) | この記事のURL | |