土木・造園 専門学校(土木・造園科)

テクノロジーで社会を豊かにする。



八王子 2年制 ※八王子校のみ設置 土木・造園のプロフェッショナルをめざす 土木・造園科 国土交通省資格認定 厚生労働省資格認定

オープンキャンパス・体験入学

キンモクセイ/樹木を覚えよう(16/全60)

2012年03月22日 キンモクセイ/樹木を覚えよう(16/全60)

ddc0585f.jpgこんちわ(*・ω・)ノ
木曜担当の“つッチ”です

今年は、なかなか春一番が吹いてくれないのだしかし、着実に春は近づいてきています。そして、NOBUのブログでも紹介したように、土木・造園科の実習場もほぼ完成しているのだ

さて、3級造園技能士を目指して、本日はキンモクセイに
ついてマナビマス。

キンモクセイ(金木犀、学名:Osmanthus fragrans var. aurantiacus)はモクセイ科モクセイ属の常緑小高木樹で、ギンモクセイの変種。中国南部が原産で江戸時代に渡来した。中国では正しくは丹桂がこれに当たるが、一般には桂花の名で呼ばれることがある。しかし桂花は木樨属におけるひとつの種名であり、金桂(ウスギモクセイ)、銀桂(ギンモクセイ)などを含む全ての亜種・変種・品種を総括するものである。

特徴 [編集]主に庭木として観賞用に植えられている。秋になると小さいオレンジ色の花を無数に咲かせ、芳香を放つ。芳香はギンモクセイよりも強い。雌雄異株であるが、日本では雄株しか入っていないので結実しない。雄しべが2本と不完全な雌しべを持つ。



写真・解説はフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から引用させていただきました。

n-55636467 at 9:0 | トラックバック(0) | この記事のURL | |