土木・造園 専門学校(土木・造園科)

テクノロジーで社会を豊かにする。



八王子 2年制 ※八王子校のみ設置 土木・造園のプロフェッショナルをめざす 土木・造園科 国土交通省資格認定 厚生労働省資格認定

オープンキャンパス・体験入学

アカマツ/樹木を覚えよう(3/全60)

2011年12月22日 アカマツ/樹木を覚えよう(3/全60)

a0de7393.jpgこんちわ(*・ω・)ノ
木曜担当の“つッチ”です

今日で年内の授業は終了明日から冬休みなのだ
さて、来年の3級造園技能士の受験に向けて、今日はアカマツを勉強します

アカマツ(赤松、学名:Pinus densiflora)は、マツ科マツ属の常緑針葉樹である。複維管束亜属(いわゆる二葉松)に分類される。別名はメマツ(雌松)。
目に触れる機会の多いマツである。文字通り樹皮が赤いのでこの名が付いている。クロマツと非常によく似ているが、葉がやや細く柔らかく、手で触れてもクロマツほど痛くない。そのためクロマツが「雄松」と呼ばれることに対比して、「雌松」と呼ばれることもある。また、成長すると樹皮が鱗状に剥がれるのはクロマツと同じだが、アカマツではこれがより薄く、赤っぽくなる。

写真・解説はフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から引用させていただきました。

n-55636467 at 9:0 | トラックバック(0) | この記事のURL | |