土木・造園 専門学校(土木・造園科)

テクノロジーで社会を豊かにする。



八王子 2年制 ※八王子校のみ設置 土木・造園のプロフェッショナルをめざす 土木・造園科 国土交通省資格認定 厚生労働省資格認定

オープンキャンパス・体験入学

土木・造園 専門学校(土木・造園科)blog

2011年09月22日 土木・造園入門(その11)/茶室の露地

ac924903.jpgこんちわ(*・ω・)

木曜担当の“つッチ”です

 

今週から授業が始まったのだ
しかし、台風の影響で昨日の午後は休校、早め家に帰って大正解でした。

今日は「茶室の露地」について語ります。そんでもってシリーズでお伝えした歴史の話はお終いにします。

茶室に至るまでの庭を「露地」といいます。途中に「中潜(なかくぐり)」と呼ばれる門があり、露地全体が外露地と内露地とに分かれています。ここを通ることはケガレを祓い、再生するための通過儀礼となります。また、露地には必ず「手水鉢(ちょうずばち)」が置かれ手と口を水で清めます。それでは、また来週

n-55636467 at 9:0 | トラックバック(0) | この記事のURL | |

2011年09月17日 建設機械まめ知識 その4

こんにちは 土曜日担当のNOBUです。
9月の半ばなのに、この残暑は…… 自分としては夏が好きですが、この分だと秋が非常に短そうですね。
もうみなさんはトウモロコシを食べましたか。自分は久しぶりに食べましたが、今のトウモロコシはなんか水水しすぎるというか、生っぽいというか、昔のようなもさもさした食感ではないのがあまり好きではないです。(自分だけですかね)

今回紹介する建設機械もショベル系の機械です。その名は「ドラグライン」、過去3回紹介した機械に比べ、お目にかかることがほとんど無い機械です。自分ももちろん運転したことがありません。見かけるとしたら河川や海岸の工事現場などですね。水中での掘削を得意としていますが、強い力で掘ることができません。みなさんも探してみてください。
ドラグライン
9月もOC、体験入学を18日、25日に実施します。興味のある人、参加してみてください。

n-55636467 at 8:0 | トラックバック(0) | この記事のURL | |

2011年09月15日 土木・造園入門(その10)/書院造りの庭園

bf4fea2e.jpgこんちわ(*・ω・)

木曜担当の“つッチ”です

 

ここに来て暑さがぶりかえしているのだ〜

今日は、「書院造りの庭園」についてです。いいくに(1192年)つくろうの「鎌倉時代」になると武家が公家に代わって世の中を治めるようになります。これまでの公家の寝殿造りとは異なり、武家は書院造りという住居形式を整えていきます。これは、寝殿造りに畳、違い棚、押し板(のちの床の間)、付け書院といった意匠が加わったものです。庭園には鎌倉時代に禅宗とともにもたらされた石組が池の際に施されます。

さて、ここで恒例となりました「クエスチョン」です。

書院造りの庭園の代表といわれる「写真の建物」は何でしょう?

ブッブ〜またはピンポ〜ン

答えは、有名な「桂離宮」です。

n-55636467 at 9:0 | トラックバック(0) | この記事のURL | |

2011年09月10日 建設機械まめ知識 その3

こんにちは 土曜日担当のNOBUです。
9月に入り、だんだん夜が寝やすくなりました。
そろそろ短い秋に突入ですね。
自分は暑い夏が好きなので少しさびしい気がします。

今回紹介する建設機械は前回同様にショベル系機械の「クラムシェル」です。
前回、前々回に紹介したショベル系建設機械と違い、あまりお目にかかることがないかもしれなせん。
特徴として、深い穴を地面に対し直角に掘ることができる機械です。地下施設(地下鉄、下水道など)を造るうえで欠かせない機械です。
クラムシェル2クラムシェル1ゲームセンターにあるUFOキャッチャーに似てますね。

今月もまだまだOC、体験入学を11日(日)、18日(日)、25日(日)に実施しています。

n-55636467 at 8:0 | トラックバック(0) | この記事のURL | |

2011年09月08日 土木・造園入門(その9)/寝殿造りの庭園

cde5c2a6.jpgこんちわ(*・ω・)

木曜担当の“つッチ”です

 

9月になっていますが、今年はまだまだ夏休み〜

今日は、「寝殿造りの庭園」についてです。平安時代の貴族の住居形式が「寝殿造り」です。寝殿は居間にあたり、これを中心に対屋(ついや)と呼ばれる個室群と、これらを結ぶ「渡廊(わたろう)」いう通路で結ばれていました。南の池を中心とした庭園と一体となっており、池と寝殿は渡廊で結ばれ、その先端に突き出した「釣殿(つりどの)」という屋根と床だけの吹きさらしの空間が設けられました。

さて、ここで恒例となりました「クエスチョン」です。

この「釣殿」は何のための空間だったのでしょうか?

ブッブ〜またはピンポ〜ン

答えは、納涼を目的とした空間です。画像は仁和寺の寝殿庭園です。

n-55636467 at 9:0 | トラックバック(0) | この記事のURL | |