土木・造園 専門学校(土木・造園科)

テクノロジーで社会を豊かにする。



八王子 2年制 ※八王子校のみ設置 土木・造園のプロフェッショナルをめざす 土木・造園科 国土交通省資格認定 厚生労働省資格認定

オープンキャンパス・体験入学

土木・造園 専門学校(土木・造園科)blog

2021年01月07日 造園業界をまなぶ!〈造園の幅広さと奥深さを知ろう編〉

 冷蔵庫に残っていた紅い大根を使ったばかりに、つゆが紫色っぽいエキゾチックなお雑煮をつくってしまった土木・造園科の佐藤です。

 さて、2020年の就職活動は新型コロナウィルスによる大きな影響を受けましたが、おかげさまで土木・造園科の学生の進路決定状況は例年と変わらず好調を維持しています。
 現1年生の就職活動もいよいよ本格的なスタートが近づいてきましたので、まずは志望する業界について学んでもらうため、昨年12月に特別授業「造園業界勉強会」を開催しました。

 一口に“造園業界”といっても、その仕事内容やフィールドはさまざまです。
 いわゆる庭師・職人だけでなく、デザイナーや施工管理技術者などの職種があります。また活躍の場も、住宅の庭だけでなく、公園、公共施設や商業施設の外部空間、建築物の緑化、テーマパーク、スポーツ競技場など多岐に渡ります。

 卒業後の進路を考えるにあたって、まずは造園という仕事の幅広さと奥深さを知ってもらおうと、1898年に創業し、120年以上の歴史を誇る第一園芸株式会社の方々を講師としてお招きしました。同社は、環境緑化事業だけでなく、音響やイルミネーションを含む空間デザイン、フラワーショップ、ウェディング等の装花など、植物を中心とした幅広いサービスを提供しています。

IMG_2400

 







 事業内容や造園の仕事について説明していただいたあと、現場で活躍中の女性技術者の生の声を聞かせていただきました。仕事をするうえでのやりがいや大変なこと、また学生時代にやっておくべきことetc... 業界の先輩の言葉の一つひとつが、学生たちにはリアルに響いたことでしょう。

 1年生のみなさん、今回の特別授業で学んだことを活かして、悔いのない進路選択をしてくださいねー。
 ご協力くださいました第一園芸株式会社のみなさま、本当にありがとうございました!

第一園芸が気になった方はこちらのリンクからどうぞ。
↓ ↓ ↓
第一園芸株式会社 公式ホームページ

 
 おっと、それからKくん、Iくん、がんばっている様子を画像で拝見しましたよ。ちゃんとやってるんだね? まだまだ修行中の身、しっかり精進してください。また会える日を楽しみにしてまーす!

(佐藤)

n-55636467 at 11:14 | この記事のURL | |

2021年01月05日 あけましておめでとうございます! 2021

 あけましておめでとうございます!
 年末年始は家事に育児に奔走し、仕事が始まって逆に休みに入ったような錯覚を覚えている土木・造園科の佐藤です。

 昨年は何といっても新型コロナウィルスを抜きにして語ることはできませんね。1年生のみなさんは、入学式が中止、授業の本格始動は6月と、ペースをつかむのが難しかったと思います。2年生のみなさんは、春の緊急事態宣言が就職活動を直撃し大変な思いをしただろう思います。高校の状況は具体的には分かりませんが、特に3年生のみなさんはこれから受験シーズンを控え、不安も多いことと思います。

 土木・造園科では、学校に来られないならオンラインでやる、3密を避けろというなら少人数に分割してやる、いろいろと工夫を重ねて学習を進めてきました。「どんな状況にあっても人は学び続けることができる」というのは、マイベスト漫画25年連続不動の1位の『MASTERキートン』でユーリー・スコット先生がおっしゃった言葉ですが、まさに昨年は、好奇心さえ失わなければどんなときも学ぶことができるということを証明した、輝かしい成果のあった年だと思っています。ユーリー先生は、第二次大戦下、爆撃でがれきとなった学校に立ち、「さあ、諸君、教科書を開いて。今こそ学ぼう。ここで我々が学ぶのをやめたら敵の思うつぼだ」と学生を鼓舞していました。まだまだ新型コロナウィルスの影響は続くと思われる今こそ、私たちも前向きに学び続けていきましょう。学びこそが、人生を切り開き、社会を前進させる最大の武器です。

 2021年がみなさんにとって素敵な1年となりますよう心よりお祈り申し上げます。そして、昨年の出来事をチャンスと捉え、コロナ以前の世界よりももっと良い方向に歩き始める1年にしていきましょう!

(佐藤)

n-55636467 at 9:47 | この記事のURL | |

2020年12月18日 校外学習(旧芝離宮恩賜庭園・浜離宮恩賜庭園)

年の瀬に近づき、日本庭園も冬支度が進んでおります。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、造園専攻クラス1年生の校外学習として、
「旧芝離宮恩賜庭園」と「浜離宮恩賜庭園」を鑑賞しました。
どちらも海を埋め立てて造られた日本庭園であり、
貴重な文化財として公開されています。

旧芝離宮恩賜庭園では、
色褪せながらも美しい紅葉を楽しめました。
DSC_2889DSC_2884






もちろん、お正月準備も進んでおりました!
ソテツの霜よけ、松の雪吊りです。これぞ造園の技ですね。
DSC_2893DSC_2891






DSC_2899DSC_2894







次に、浜離宮恩賜庭園へ移動。
海水を引き込む「汐入の池」が存在する、将軍様のお庭です。
庭園面積は、なんと旧芝離宮の約5.8倍!!
池をのぞむ喫茶スペースがあり、本格的なお抹茶も楽しめます。
DSC_2902







急な小雨で屋根の下・木陰に避難しましたが、
面積や規模、将軍様の御鷹狩場や船着き場、三百年の松など、
日本庭園の違いを比較できたようです

次回は現場見学に行ってみましょうー。
ありがとうございました。


(M.T)




n-55636467 at 13:48 | この記事のURL | |

2020年12月18日 オープンキャンパスのクリスマススぺシャル!

本校にて定期的に開催する「オープンキャンパス」。
在校生と同じ授業を先取りできる「体験入学」も兼ねております。

12/13(日)のオープンキャンパスでは、
年に1度のクリスマスが近いということで、
在校生たちとサプライズ準備をしました。

校内の植樹「ヒイラギ」の葉をすこしだけ剪定して、
クロガネモチの赤い実をアレンジメント用テープで留めて
【西洋ヒイラギ風のフラワーアレンジメント】を作りました
DSC_2878







そして紺色の鉢皿に小さめ剣山を入れて水を注ぎ、
クリスマスいけばなを生けました。教員&在校生との共同作品です
DSC_2879DSC_2880






西洋ひいらぎ風のアレンジメントは、
手のひらサイズの小さな花束をつくって
本日お越しになった学生さんにプレゼントしました。
年に1度のサプライズ成功 やったね!

さて 今後の八王子校オープンキャンパスは、
1/11(月祝)、2/11(木祝)・28(日)、
3/7(日)・14(日)・27(土)・28(日) に開催予定です。
事前申し込みをお願いしております、詳しくは以下URLまで。
https://www.neec.ac.jp/taiken/

皆様ぜひお越しくださーい
ありがとうございました。


(M.T)

n-55636467 at 13:20 | この記事のURL | |

2020年12月10日 どぼく業界をまなぶ2< 現場見学会 >


Xmasのイリュミネーションが街を彩ってきましたね。今年もあとわずかですねぇ(^^)

そんな中、前回の勉強会に続きまして「どぼくを知るため」に現場にお邪魔してきました。
場所は東京都狛江市の多摩川です。前回に引き続き巴山建設蠅気鵑里感力で実現しました。
年末を迎え忙しい中、現場職員の方々お世話になりました。


DSC_0301初めて体感するどぼくの現場!参加者全員、目を輝かせて

現場を見て、耳を研ぎ澄まして?(多分)説明を聞いていたようです。


この現場は自然災害から市民を守るための工事「国土強靭化対策工事」なんです。昨今、大雨による水害が多発してますよね。その為の河川工事です。この現場の特徴はもう一つありまして、、、
なんとウチのOBが二人も配属されていました!紹介します(^^)/
DSC_0306右の穏やかな笑顔の持ち主が木下君!(4期生)
左が増田君です。(7期生)
ちなみにお邪魔した学生は9期生なんです。
木下君は昨年、国家試験に合格し、近々「現場代理人」として現場を持つようです。増田君は今年入社の新人です。


センパイの話には皆一番関心をもって聞いてましたね。期待と不安で始まる新入社員、そして一人前として「現場代理人」になるまでの話をきけるわけですから

そんな盛沢山の現場見学を無事終了して最後に先輩を囲んで記念撮影をしました。
IMG_1466
皆さんお疲れ様でした!
そして先輩ありがとう(^^)/


今回はこの辺で失礼します(・∀・)つ

                           引率教員X

n-55636467 at 16:50 | この記事のURL | |