土木・造園 専門学校(土木・造園科)

テクノロジーで社会を豊かにする。



八王子 2年制 ※八王子校のみ設置 土木・造園のプロフェッショナルをめざす 土木・造園科 国土交通省資格認定 厚生労働省資格認定

オープンキャンパス・体験入学

土木・造園 専門学校(土木・造園科)blog

2018年07月30日 国家検定:3級・2級造園技能士、実技試験


IMG_2175毎年毎年人一倍熱い夏を体験するのが、造園技能士のタイトル獲得をめざす仲間たちです。
今年も府中に2級と3級の実技試験に行ってきました。

台風の影響で前日の土曜日はかなりバッドコンディションだったようです。
この日も検定員の方々やサポートのみなさまが、土の補充など試験開始前に整地そのほかに、たいへんご苦労なさっていました。
ありがとうございます。

3級は学科試験は既におわっていますが、2級の学科試験はこれからのお盆明けです。
枝葉による樹木の同定がネックですね。
勉強しましょう。
全員の合格を祈っています。(鹿野)

n-55636467 at 8:30 | この記事のURL | |

2018年07月20日 みんなの安全:2年生「施工演習」

IMG_2144cIMG_2146b  







公園の管理業務の現場です。

日ごろのキャンパス内の実習ではあまり自覚がないかもしれませんが、安全確保は、「つくる現場」でも「管理の現場」でも大事なことです。

安全管理について特に注目して現場を見学させていただきました。
この春卒業して実務に就いた先輩が、安全についてのペーパーを準備してくれて後輩たちにレクチャー。

現場周辺の住宅や車、通行人・住民の方々に対して、ご理解をいただきながら仕事をするコツや安全確保にかかせないグッズの使い方も披露してもらいました。

IMG_2147 IMG_2149








パッカー車操作の危険ポイントも教えていただきました。
作業中をお知らせするコーンの立て方や看板の置き場所の工夫、通行人の動線に配慮した作業進行の計画など「なるほど〜」なお話を、岩崎造園株式会社(横浜市)の皆さまからたくさんお聞きしました。

暑い日は注意力も散漫になりがちです。
水分・塩分をしっかり摂って熱中症に気をつけて、毎日を安全に過ごしましょう。(鹿野)
 













 
 

n-55636467 at 7:53 | この記事のURL | |

2018年07月10日 すごいぞ造園:特別講義「アーボリカルチャー(3)」

IMG_2119












コレ、すべて装備です。登るときに腰につけてい
ます。全部でどのくらいの重さでしょうね。10キロ
はないかもしれませんが、7キロくらいはありそう
です。
一度樹上の人になったらめったなことでは下りたく
ないのだそうで、様々なことがらに備えています。

自分の好みやクセに合わせてカスタマイズするの
で誰一人として同じではない、とのこと。

これは、チームのボスのいつもの装備。
もちろん、ファーストエイドキット(緊急・応急処置)
は万全です。(鹿野)


n-55636467 at 18:16 | この記事のURL | |

2018年06月28日 すごいぞ造園:特別講義「アーボリカルチャー(2)」

IMG_2112 IMG_2088 








ito IMG_2124shibuIMG_2141








今日の講義は正門横の樹林です。気温も高かったが、Tさんの
高さ、半端なかったですね。

装備についてもレクチャいただきました。殆どのカナモノはアルミ
ニウム製です。
個人的には、すべての作業の最初に登場する、分銅のような錘
をつけて投げるタコ糸みたいなツールの整理がかっこいいな〜と
ハートをわしづかみにされてしまいました。
植日造園の一年生、今年卒業のSさんもピカピカのヘルメット姿で
サポートごくろうさまでした。(鹿野)
                    









   
 
 
   
 











 



n-55636467 at 19:48 | この記事のURL | |

2018年06月28日 すごいぞ造園:特別講義「アーボリカルチャー(1)」




IMG_2092




































IMG_2087




















こんにちは。今日の午後は暑い中、アーボリストの技を堪能していただきました。

ほらほら、よっく見てください。
こんな細い枝先まで安全に行くことができるんですね、驚きました。
蛍光色のシャツやサングラス、かっこいいですね。
ヘルメット姿も粋できまってますね。

でも、このスタイルには訳があるのだ、かっこいいからだけじゃないんですよ。
暗い樹林のなかで目立つような色、明暗のコントラストに視力がやられない工夫。
先ずは安全第一です。
かっこいい職人のスタイルには、ちゃんと理由があるのです。

のぼっているのは、地元八王子の造園屋さん植日造園のT氏。

つづく (鹿野)

n-55636467 at 18:19 | この記事のURL | |