土木・造園 専門学校(土木・造園科)

テクノロジーで社会を豊かにする。



八王子 2年制 ※八王子校のみ設置 土木・造園のプロフェッショナルをめざす 土木・造園科 国土交通省資格認定 厚生労働省資格認定

オープンキャンパス・体験入学

土木・造園 専門学校(土木・造園科)blog

2021年04月12日 合同フレッシャーズキャンプ

1年生の校外学習として「合同フレッシャーズキャンプ」を開催しました。行き先は、東京都八王子市内にある高尾山(標高599m)。明治の森高尾国定公園に指定されており、年間300万人もの登山客が訪れる、人気のスポットです。

集合場所は高尾599ミュージアム。出発前に記念撮影
DSC_3435












はじめは緩やかな坂道ですが、途中から急傾斜になるところも。
途中休憩をはさみ、水分補給を行いながら山頂を目指します。
IMG_1476IMG_1478








近隣に住んでいる生徒は高尾山の登山経験がありましたので、「天気がよければ富士山が見える」「途中に〇〇があって・・・」等と教えていました。こういった繋がりが大切ですね!
IMG_1480
IMG_1483















ゆっくり休んで、1年生前期授業に備えて下さい。よく頑張りました!

(M.T)





n-55636467 at 13:43 | この記事のURL | |

2021年04月12日 合同企業説明会

新2年生は、4月8日(木)・9日(金)に本校主催「合同企業説明会」をキャンパス内の体育館で感染防止対策を徹底の上、新しいスタイルにて開催いたしました。


土木業界、造園業界で活躍している卒業生も後輩たちのために会社を代表して、説明してくれました。ありがとう! 

新2年生(2022年3月卒業)の就職活動も本格的に始動しました。

土木・造園科を卒業後の進路も多岐に渡ります。

土木、造園業界への就職 

公務員(技術系)

大学編入学 など。

 

ミライの自分をイメージして、地域・暮らしの守り手、暮らし・生活を彩る技術者、技能士などなどしっかりとキャリアデザインしていきましょう。
担任、学科教員、そしてキャリアサポートセンターの担当教員が全力でバックアップします。夢を叶えましょう!(@KEN

16181388038271618138854380





 IMG00176_HDR




n-55636467 at 8:0 | この記事のURL | |

2021年04月11日 令和3年度 入学式 挙行

ご入学おめでとうございます 
2年ぶりに「入学式」を新入生と教職員のみで午前の部、午後の部で挙行するこことができました。
同じ志を持った良き仲間と夢・目標を叶えるため、「若きつくりびと」を目指して授業・実習、資格試験、プロジェクト、学校行事、委員会などなどチャンスがあれば積極的なチャレンジしていきましょう。
失敗してもいいのです! その経験が大きな財産となり、社会で、業界で役立つはずです。担任、学科教員、教職員で学生たちの夢・目標をサポートいたします。(@KEN)


  IMG00152_Burst01 IMG00168
 




IMG00155IMG00157



n-55636467 at 18:0 | この記事のURL | |

2021年03月29日 卒業証書授与式!

2021年3月卒業生の「卒業証書授与式」が無事終了しました

体育館で行う卒業式につきましては、感染拡大防止のため、開催時間を分けて開催しました。
式の終了後は学科別に教室へ移動し、担任の先生より卒業証書授与を行いました。また卒業制作展で好成績を残したグループメンバーに、景品を贈呈しました。

1年目は対面授業・実習が中心となり、クラス一同 が集合し、顔を合わせることも多々ありました。しかし2年目はコロナ禍の影響を受け、新たな生活様式へ変わっていきました。実習はこれまで通り行いましたが、クラスは細分化され、全員集合する機会は少なくなりました。情報発信については、対面授業をオンラインにするほか、メール・Classroom等の活用へと切り替わりました。

そんな学生生活を受け入れ、学業に励み、卒業式を迎えた皆さん。ご卒業おめでとうございます。皆さんのご活躍を心よりお祈り申し上げます。


(M.T)

IMG_9415IMG_9428







IMG_9403IMG_9413

n-55636467 at 14:58 | この記事のURL | |

2021年03月18日 鋏の歴史について


さて今回は植木鋏の歴史について解説していきますね! 

そもそも植木鋏はいつからあるのかということで非常に気になる問題ですよね。でもその前に「鋏」はいつからあったのかという事からお話していきたいと思います。

まず大まかに分けて鋏には「ギリシャ型」と「ローマ型」の二つがあります。それぞれ形も違いますので簡単に…

ギリシャ型は日本で和鋏と呼ばれている鋏の元になった鋏です。ばねの反発力を利用して切る仕組みになっています。
対してローマ型は現在多くの人々が触れている鋏です。ラシャ鋏、植木鋏、一般的に持ち手に二つ穴が開いた鋏がこの形をもとに作られています。もっと簡易的であれば輪っかがなしでも支点が真ん中にあるという事ですね。
どちらの鋏も中国を渡り日本にたどり着きました。

つまり植木鋏はこのローマ型が元なり現在使用されているわけですね!
さて原型がわかったところで植木鋏の話に戻りましょう。

時は1462年の室町時代。華道の流派として「池坊」が誕生しました。
これにより現在の「池坊鋏」として「花」を切る「木」を切るといったところから植木(植物)用の鋏として確立されたのではないかと考えています。
そしてここを起源とし日本の植木鋏は形を変えていく!?といった感じでしょうか。

少し話が長くなってしまいましたね。
続きはまたの機会に!


投稿者 由紀

n-55636467 at 10:0 | この記事のURL | |