土木・造園 専門学校(土木・造園科)

テクノロジーで社会を豊かにする。



八王子 2年制 ※八王子校のみ設置 土木・造園のプロフェッショナルをめざす 土木・造園科 国土交通省資格認定 厚生労働省資格認定

オープンキャンパス・体験入学

土木・造園 専門学校(土木・造園科)blog

2018年01月11日 内定者体験談会2018

新年のごあいさつが遅れましたが、
みなさま明けましておめでとうございます。
本年も土木・造園科をよろしくお願いいたします。

さて、2018年最初の話題は、11日に開催された
「内定者体験談会」の様子です。

P1110019








毎年、就職活動を控えた学年(土木・造園科は1年生)を対象に
行なっているもので、
内定をもらった先輩の体験談を聞くというイベントです。

実際に就職活動をした先輩の話は、
きっと参考になったのではないかと思います。

7人の学生が壇上に上がって話をしてくれたのですが、
もちろん就職先も違うし、就職活動のスタイルもそれぞれ違います。
でも、内定をもらい、
こうして体験談会のパネラーを任される学生たちですから、
何か共通点はないかと話を聞いておりました。

7人の共通点は……、
こういう言葉がふさわしいのかわかりませんが、
みなさん「いいヤツ」なんです。
「モチベーションが下がってやる気が出ないとき、
どう対処しましたか?」という会場からの質問に、
それぞれが身を切ってアドバイスを送る姿を見て、
そう思いました。

就職活動は、「競争」として語られることが多い話題です。
この体験談会でも、「面接で他の人よりも印象を残す方法」
という話も出ました。

でも、初めて会う後輩が目の前で
アドバイスを求めている状況に臨んで、
7人は、自分の失敗やかっこ悪い部分もさらけ出して、
必死に答えている。
就職活動という競争に挑んできた彼ら彼女らですが、
その行動原則の基本的なところは
「助け合い」に設定されているように感じました。

だから、内定ももらったし、
こうして壇上で自らの体験を語るという
大きな仕事を任されたのでしょう。
だって、働くなら、こういう人と一緒に働きたいですもんね。
誰かが困っていれば、自然と手を差し伸べ、
みんなが幸せになれるように、自らの役割をきちんとこなす、
そういう人と。

末尾になってしまいましたが、
土木・造園科を代表して壇上に上がってくれた2年生のKくん、
ありがとう!
かっこよかったですよ!
それから、いい質問で会場の雰囲気を素敵なものにしてくれた
1年生のOくんもありがとう!

(担当:佐藤)














n-55636467 at 13:49 | この記事のURL | |

2017年12月22日 年末の大掃除 :1年生

日頃、土木や造園の実習で使っている「ものづくり工房」と
その周辺の大掃除をしました。

窓をきれいにしたり。

P1010010







機械類をきれいにしたり。

P1010001







竹垣制作の練習で使った竹の廃材をチップにしたり。

P1010009







普段は、学生たちのことを自慢するようなことは
書かないのですが……。
今日はちょっとだけ。

「アメ」も「ムチ」も用意していないのに、
総勢41名が、文句の一つも言わず(聞こえなかっただけかな?)、
積極的に作業を進めていきます。
分担についても、作業手順についても、
細かい指示はしなかったのですが、
それぞれに自分の役割を見つけて動いています。

けっこう感動的な風景でした。

仲間と相談しながら、効率よくきれいにする方法も探っていました。
(ホコリを吹き飛ばすため、
 ブロワの代わりに扇風機を担いでいるのを見たときは、
 度肝を抜かれましたが……)

「誰がやるとも決められていないけど、
 誰かがやらなければならない仕事がある。
 それを自分の仕事として引き受けられる人でありなさい」
とは、私の恩師の言葉ですが、
この日の学生たちは、まさにこの言葉通り、
実習場の掃除は「私の仕事」であると引き受けて、
当たり前のようにやっていました。

まだまだ学ぶことの多い学生たちですが、
彼らなら社会に出てもきっと大丈夫という
確信のようなものを得た一日でした。

(担当:佐藤)

n-55636467 at 17:52 | この記事のURL | |

2017年12月21日 土壁づくり〜仕上げ塗り :『造園実習2』(1年生)

土壁づくり、最後の工程です。

下塗りをした壁はこんな感じです。

PC120025







ひび割れが「侘び」の風情を……、
という感傷に浸る間もなく、
学生たちはどんどん塗っていきます。
左官ゴテの扱いにも慣れてきました。

PC120028







仕上げに、ちょっと遊び心。

PC120033







石と砂を埋め込んで、洗い出し風に。

PC120032







こんな模様もありました。
お花?


P1010014







杉板と竹で屋根をかけて完成です。
お疲れ様でした!

(担当:佐藤)


n-55636467 at 18:50 | この記事のURL | |

2017年12月20日 土壁づくり◆漸偲匹蝓 А愨け犲遜2』(1年生)

土壁づくりの続きです。

水とワラを加えてよく練った土を
壁に塗っていきます。

PC050005







コテ板(これも学生の手作りです)に土を乗せ、
左官ゴテで壁に塗りつけていきます。
モルタルや最近の左官材料に比べると、
土はやはり扱いが難しいのですが、
あっという間にコツをつかむ学生もいます。

PC050011






PC050022







下塗りが完了しました。
次回は仕上げ塗りです。

(担当:佐藤)



n-55636467 at 9:48 | この記事のURL | |

2017年12月18日 土壁づくり 訴錨攴猗と躯体制作 :『造園実習2』(1年生)

土壁づくりの様子です。
1年生の『造園実習2』で取り組んでいます。

まずは壁土の材料づくりから。

PB280013







実習場で採取した土を足で踏んでこねながら、
小石を取り除いていきます。
初めのうちは土に手足を入れるのを嫌がっていた学生も、
だんだんテンションが上がっていくのが不思議です。

PB280020








一方の躯体制作チームも順調に作業を進めています。

PB280011







土壁は本来、竹で編んだ小舞を芯とするものですが、
今回はコンパネで作った壁にラス網を設置して、
そこに土を塗っていく方法を採用しています。

PC050002








練った土はしばらく寝かせます。

PC050001







次回は塗り壁に挑戦します。

(担当:佐藤)


n-55636467 at 16:7 | この記事のURL | |