土木・造園 専門学校(土木・造園科)

テクノロジーで社会を豊かにする。



八王子 2年制 ※八王子校のみ設置 土木・造園のプロフェッショナルをめざす 土木・造園科 国土交通省資格認定 厚生労働省資格認定

オープンキャンパス・体験入学

土木・造園 専門学校(土木・造園科)blog

2021年02月25日 第三回三多摩建設業連合会主催 <現場見学会>その2

その2はICT建機の体験から紹介したいと思います。ドローンから得られたデータを処理して設計します。その設計データを建設機械(ICT建機)に送ると、オートマチックに機械を動かして施工できるのです。今まではオペレータの経験と技術に頼らなければならなかったのですが、これにより早く優しく正確に仕事が出来る様になったんです。

IMG_0323これは機体重量が20tのバックホーと呼ばれる大型の建設機械です。今、学生が乗り込んでモニターを見ながら操縦しています。(螢灰泪張スタマーサポートセンター協力)




最後はVRを使った安全教育を紹介したいと思います。建設現場を安全に終わらせる為に、日々安全教育に取組んでいます。IMG_0317これはその一つでゴーグルから見れる仮想空間(工事現場)でリアルに体験するんです。思わず声を出してしまう学生もいました。
IMG_0326
最後は全員で記念撮影をし、お世話になった三多摩建設業連合会の方々へ、お礼をいって第三回の現場見学会を終了しました。         担任A

n-55636467 at 11:8 | この記事のURL | |

2021年02月24日 第三回三多摩建設業連合会主催 <現場見学会>その1

皆様こんにちは。寒さも揺るぎ、もうすぐ春がそこまで来ているのを花粉症で感じ始めている担任Aです。立春前のまだ寒風吹きすさぶ中、多摩川へ現場見学会に参加してきました。主催は「三多摩建設業連合会(森屋会長)」で今年で三回目を迎えました。お世話してくださったのは立川市の中村建設蠅任后
IMG_0316IMG_0315
                                                                          森屋会長の挨拶から現場見学会を始め(左写真)続いて、当該現場の中村建設蠅慮従貘緲人から工事概要について説明を受けました。右写真に写る学生たちはソーシャルディスタンスを守り、きちんと整列しているのが分かる事と思います。

川は風が強く吹くものです。特に冬は('A`|||)学生さんは皆完全防備で寒さ対策して見学に臨みました。
体験メニューの紹介です。
IMG_0320ICT技術を活用した現在の測量技術体験。(CSS技術開発蝓
写真右側に見えるのがドローン(大型高性能)です。上空から空中写真をとり、地形の特徴を3Dで表すのに用いります。このドローンで得た情報を活用して設計、施工します。                           
次回は、この取得した3Dデータを建設機械に活用する。ICT建機の体験を紹介したいと思います。

n-55636467 at 17:7 | この記事のURL | |

2021年01月07日 造園業界をまなぶ!〈造園の幅広さと奥深さを知ろう編〉

 冷蔵庫に残っていた紅い大根を使ったばかりに、つゆが紫色っぽいエキゾチックなお雑煮をつくってしまった土木・造園科の佐藤です。

 さて、2020年の就職活動は新型コロナウィルスによる大きな影響を受けましたが、おかげさまで土木・造園科の学生の進路決定状況は例年と変わらず好調を維持しています。
 現1年生の就職活動もいよいよ本格的なスタートが近づいてきましたので、まずは志望する業界について学んでもらうため、昨年12月に特別授業「造園業界勉強会」を開催しました。

 一口に“造園業界”といっても、その仕事内容やフィールドはさまざまです。
 いわゆる庭師・職人だけでなく、デザイナーや施工管理技術者などの職種があります。また活躍の場も、住宅の庭だけでなく、公園、公共施設や商業施設の外部空間、建築物の緑化、テーマパーク、スポーツ競技場など多岐に渡ります。

 卒業後の進路を考えるにあたって、まずは造園という仕事の幅広さと奥深さを知ってもらおうと、1898年に創業し、120年以上の歴史を誇る第一園芸株式会社の方々を講師としてお招きしました。同社は、環境緑化事業だけでなく、音響やイルミネーションを含む空間デザイン、フラワーショップ、ウェディング等の装花など、植物を中心とした幅広いサービスを提供しています。

IMG_2400

 







 事業内容や造園の仕事について説明していただいたあと、現場で活躍中の女性技術者の生の声を聞かせていただきました。仕事をするうえでのやりがいや大変なこと、また学生時代にやっておくべきことetc... 業界の先輩の言葉の一つひとつが、学生たちにはリアルに響いたことでしょう。

 1年生のみなさん、今回の特別授業で学んだことを活かして、悔いのない進路選択をしてくださいねー。
 ご協力くださいました第一園芸株式会社のみなさま、本当にありがとうございました!

第一園芸が気になった方はこちらのリンクからどうぞ。
↓ ↓ ↓
第一園芸株式会社 公式ホームページ

 
 おっと、それからKくん、Iくん、がんばっている様子を画像で拝見しましたよ。ちゃんとやってるんだね? まだまだ修行中の身、しっかり精進してください。また会える日を楽しみにしてまーす!

(佐藤)

n-55636467 at 11:14 | この記事のURL | |

2021年01月05日 あけましておめでとうございます! 2021

 あけましておめでとうございます!
 年末年始は家事に育児に奔走し、仕事が始まって逆に休みに入ったような錯覚を覚えている土木・造園科の佐藤です。

 昨年は何といっても新型コロナウィルスを抜きにして語ることはできませんね。1年生のみなさんは、入学式が中止、授業の本格始動は6月と、ペースをつかむのが難しかったと思います。2年生のみなさんは、春の緊急事態宣言が就職活動を直撃し大変な思いをしただろう思います。高校の状況は具体的には分かりませんが、特に3年生のみなさんはこれから受験シーズンを控え、不安も多いことと思います。

 土木・造園科では、学校に来られないならオンラインでやる、3密を避けろというなら少人数に分割してやる、いろいろと工夫を重ねて学習を進めてきました。「どんな状況にあっても人は学び続けることができる」というのは、マイベスト漫画25年連続不動の1位の『MASTERキートン』でユーリー・スコット先生がおっしゃった言葉ですが、まさに昨年は、好奇心さえ失わなければどんなときも学ぶことができるということを証明した、輝かしい成果のあった年だと思っています。ユーリー先生は、第二次大戦下、爆撃でがれきとなった学校に立ち、「さあ、諸君、教科書を開いて。今こそ学ぼう。ここで我々が学ぶのをやめたら敵の思うつぼだ」と学生を鼓舞していました。まだまだ新型コロナウィルスの影響は続くと思われる今こそ、私たちも前向きに学び続けていきましょう。学びこそが、人生を切り開き、社会を前進させる最大の武器です。

 2021年がみなさんにとって素敵な1年となりますよう心よりお祈り申し上げます。そして、昨年の出来事をチャンスと捉え、コロナ以前の世界よりももっと良い方向に歩き始める1年にしていきましょう!

(佐藤)

n-55636467 at 9:47 | この記事のURL | |

2020年12月18日 校外学習(旧芝離宮恩賜庭園・浜離宮恩賜庭園)

年の瀬に近づき、日本庭園も冬支度が進んでおります。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、造園専攻クラス1年生の校外学習として、
「旧芝離宮恩賜庭園」と「浜離宮恩賜庭園」を鑑賞しました。
どちらも海を埋め立てて造られた日本庭園であり、
貴重な文化財として公開されています。

旧芝離宮恩賜庭園では、
色褪せながらも美しい紅葉を楽しめました。
DSC_2889DSC_2884






もちろん、お正月準備も進んでおりました!
ソテツの霜よけ、松の雪吊りです。これぞ造園の技ですね。
DSC_2893DSC_2891






DSC_2899DSC_2894







次に、浜離宮恩賜庭園へ移動。
海水を引き込む「汐入の池」が存在する、将軍様のお庭です。
庭園面積は、なんと旧芝離宮の約5.8倍!!
池をのぞむ喫茶スペースがあり、本格的なお抹茶も楽しめます。
DSC_2902







急な小雨で屋根の下・木陰に避難しましたが、
面積や規模、将軍様の御鷹狩場や船着き場、三百年の松など、
日本庭園の違いを比較できたようです

次回は現場見学に行ってみましょうー。
ありがとうございました。


(M.T)




n-55636467 at 13:48 | この記事のURL | |